IAT
English | 中文

阿爾特自動車技術株式会社

歴史を振り返り、光り輝きを迎える

2013-- 湖北武漢にV-KOOLテクノロジー集団有限会社とV-KOOL阿爾特自動車伝動有限会社という合弁会社を設立し、主に変速器及び四輪駆動システムの生産をする。
広西柳州で柳州五菱柳機動力有限会社と柳州菱特動力テクノロジー有限会社という合弁会社を設立し、主にエンジンの研究開発及び生産をする。
2012-- 会社の戦略パートナーを探すため、IAT代表団はヨーロッパのCDH, ThyssenKrupp, MBtech, TATAUK, TORINO DESIGN, Fontana等有名な設計会社を訪問。
株式制度改革により阿爾特自動車技術株式会社に改名
阿爾特(武漢)自動車設計有限公司設立
2011-- 阿爾特(成都)自動車設計有限公司設立
阿爾特(寧波)自動車設計有限公司設立
2010-- 2010年北京モーターショーで、「竹風」、「武峰」、「eTaxi」等3車種の電動車を出展;日本ENAX及び中国自動車技術センターと合弁会社「上海卡耐斯新エネルギー有限公司」を成立
2009-- 第二回目の戦略投資を入手;初登場の単純電動車を上海モーターショーに出展
2008-- 長春に合弁会社の「北方凱達自動車技術研究開発有限公司」を成立し、自動車電子、新エネルギー自動車の研究開発に力を注ぐ;コンセプトカー「武峰-Cross Coupe」を北京モーターショーに出展
2007-- 第一回目の戦略投資を入手;長春、上海支社、北京阿爾特自動車試作工場を設立;全世界で著名な数件の設計会社と戦略合作パートナー協議を実施
2006-- 初開発エンジンの点火成功
2005-- 自動車メーカーとの完成車開発、エンジン研究開発の協業を全面的に展開
2003-- 乗用車/MMPV/SUV等5車種の完成車開発プロジェクトを受注
2001-- IAT有限会社(日本)を成立


国際的に協調で 技術力を結集

 

  IATは国際化された組織となっています。ヨーロッパ、北米、日本、韓国で実力のあるパワーを持ち、絶えず挑戦を試みています。いつか不動の地位を築く時を迎えることができると確信しています。

 

 

 

ウェブサイトナビ | 地図ダウンロード | 著作権保護 京ICP備 05037845 号