IAT
English | 中文

阿爾特自動車技術株式会社

Best Car雑誌に掲載された藤井啓史専門家の記事

时间:2015-05-14 11:27:16  来源:  作者:

 

Best Car雑誌に掲載された藤井啓史専門家の記事

  2015年410日に、日本でベストセラーの自動車雑誌Best Car”に藤井啓史専門家の個人的な記事が掲載された。文章の中で藤井専門家は、三菱自動車のLancer Evolutionの開発担当者として活躍した時の物語を皆さんへ伝えてくれた。
 
ランサーエボリューションは今後の三菱自動車のクルマに生き続けていく
 
前書き
 
  ランサーエボリューションXには2ペダルのツインクラッチSSTもありましたが、やはりランサーエボリューションの原点はマニュアルです。最終特別仕様車では、マニュアルの操る楽しさ、そして、ランサーエボリューションならではの走りの世界を提供してくれると思っています。ランサーエボリューションというモデルは今回の最終特別仕様車で終了することになると聞いていますが、この終わりは、これからの大きな飛躍への始まりであると心から願っています。
 
  従来の高性能ターボエンジンを搭載したスポーツ4WDセダンというジャンルにいったん区切りをつけるという決断は、時代の流れのなかで避けられない選択肢であったかもしれません。
 
  しかし、ランサーエボリューションで培った技術は、三菱自動車のなかで生き続けています。ランサーエボリューションが目指した、三菱自動車ならではのこだわりの走りの世界は、姿形を変えて、これからも受け継がれていくと信じています。なぜならば、ランサーエボリューションの開発に携わった若手のエンジニアがおり、そこで培われた魂は受け継がれ、今の担当車種に生かされているはずだからです。そして、ランサーエボリューションを支援してくださった多くのファンが世界中におり、エンジニアは、その期待に応えようとしているからです。
 
  本文:思い出すのは苦労ばかりです
 
どのモデルでも、いつも苦労していたというのが正直なところです。どうやってお客様のご期待に応えるか、悩みが尽きませんでした。例えば、エボⅦのスーパーAYCや、カーボンリアスポイラー、エボⅦMRのアルミルーフ、エボXのツインクラッチSSTやリアクロスメンバーなど、性能を発揮することだけでなく、量産するという面での苦労がありました。
 
  そのなかでも、特に思い出深いのは、会社がドン底だった時に、当時の開発センター長であった相川さん(現社長)に呼ばれ、「ランサーエボリューションでワゴンが作れないか?」と言われたことです。エボの次期車まで少し間隔が空いており、当時は販売会社にとって非常に厳しい時期であったこともあり、エボワゴンというユニークな商品で、少しでも元気を取り戻せないかという思いが相川さんにあったはずです。しかし、走りに特化した高性能ワゴンで見込める台数というのはかぎられている。正攻法でワゴンを作ったら会社は大損をする。何度も投資規模を試算したが、とても割に合わない。開発のマネージメントをする立場として「止めるべき」と答えましたが、相川さんは自らホワイトボードにアイデアを書き出したのです。最大の課題は、サイドパネル。ベース車のランサーセディアワゴンのサイドパネルをカットて溶接すれば、大幅に投資を抑えることができるというのです。
 
  設計の素人である自分が下手な絵を描いてボディ設計者を説得し、彼の協力を得て製作所に掛け合いました。最初は、そんな生産性の悪いことができるかと反対されましたが、計画台数がそれほど多くなかったこともあり、なんとか理解してもらえました。ランサーエボリューションのためならしかたがないな、といった男気的なところもありました。残るのはDピラーの溶接の継ぎ目の後処理。デザイナーに、例えばガーニッシュで格好よく隠せないかと相談した結果、幾つものアイデアを提案してもらい、なんとか様になったと自負しています。街を走り拔けるエボワゴンの後姿、特にDピラーのガーニッシュを見ると、あの頃の苦労話が思い出されます。
 
  ランサーエボリューションXは、エボが目指してきた走りを実現させたという点で完成形だと思っています。自分が開発を続けていたら、どうしたかったか?という質問は非常に難しいです。
 
   そもそもエボは、三菱自動車の多くのエンジニアの提案に基づいており、彼らの力があってこそ、進化を重ね続けることができたのです。そういった意味では、彼らにアイデアを聞くしかないというのが私の答えになります。なぜならば、私は彼らの提案の取り纏め役であったに過ぎないからです。私自身は、エボらしい新たな走りの世界を見せることができる提案であれば、なんとか商品化させたい、そういう想いで開発に取り組んでいました。

 qq.jpg

ウェブサイトナビ | 地図ダウンロード | 著作権保護 京ICP備 05037845 号