IAT
English | 中文

阿爾特自動車技術株式会社
EV車車両設計開発

電動自動車の性能設計
   

     電動自動車に似通って、パワー性能、安定性と快適性はIATが電動自動車を研究開発の中で追求の最高目標である。IATは電動自動車の次の性能に注目する:   

   電動自動車パワー性能に対してのモーター選択

   電動自動車航続距離に対してのバッテリ選択

   電動自動車安定性に対しての荷重比例分析及び安定性コントロール

   電動自動車快適性に対してのサスペンションの改良

         モーターは電動自動車の駆動核心であり、ぴったり合うモーターの選択で電動自動車の勝負になる。IATは電動自動車用モーターの選択分野で経験があり、客先の電動自動車に対する最高車速、最大登坂及び加速時間等の要求と設計した電動自動車の特徴を合わせて、ぴったり合うモーターを選択し提案ができる。IATより自主研究開発したモーター、電池仕様を通じて、客先に最も合理的なモーターパワー、トルク、回転数等のパラメターを提案する。また、比較を繰り返して各種のモーター仕様からぴったり合う物の選択ができる。同様に電池の選択でも、客先要求の航続距離に対してぴったり合う電池を選択し提案する。電池の選択過程中、IATは性能とコストが客先としての重要性をよく理解する。従って、客先要求に対して組合せ提案ができる。モーターと電池の組合せで電動自動車性能上の優勢を保証し、コスト的にも経済性を強調する。

        伝統自動車と比べて、電動自動車は構造的に大きく手を加える必要がある。結構重い電池は電動自動車の前後荷重比例に大きく影響し、電動自動車の安定性にも影響する。IATは電動自動車の電池レイアウト分野で豊かな経験がある。電池の合理的レイアウトに通じて、電池の性能に影響しない上で、電動自動車の前後荷重比例を改良する。同時に、先進的な車両安定性コンピュータ補助模擬システムの力を借りて、改良後の電動自動車安定性に対してラインでの模擬と改良を繰り返すことによって、電動自動車が高速走行での最もよい性能を確保できる。電動自動車の構造を改良する同時に、伝統自動車で使用しているABS、TCS等の先進的な安定性コントロールシステムを電動自動車に取り入れ、最大限度でドライバーの安全を守る。

     電動自動車の消費者に影響するのは電動自動車のパワー性能、経済性と安全性だけではなく、快適性も重要な一環である。IATは伝統自動車設計で積重ねた経験を通じて、ドライバーと乗客が車両の快適性に対する要求を深く理解している。我々は改良模擬と実際確認を経て、電動自動車の実際状況に合うサスペンション剛性と減衰を調整することによって、高速道路でも悪路でも快適性を味わい楽しむできることを確保する。

 

business05.jpg

ウェブサイトナビ | 地図ダウンロード | 著作権保護 京ICP備 05037845 号