IAT
English | 中文

阿爾特自動車技術株式会社
EV車車両コントローラ研究開発

 コントローラーの研究開発

   完成車コントローラーは、電動自動車の一番肝心な核心コントロール部品である。阿尔特は一つの中心となるコントローラー設計チームを有し、このチームは、国際先進技術資源の融合を通じて、又、国内有名な高等学校と共同で研究開発し、独立自主知的財産権のある電動自動車用完成車コントローラーを開発した。

   電動自動車の完成車コントローラーは、電動自動車の最上階コントローラーで、主要機能は下記を含む:

    データ収集加工   情報伝達   部品コントロール   ミス診断

 

   電動自動車の完成車コントローラーは、豊富なインターフェース資源を持っていて、各子コントローラー及び部品コントローラーとの情報インタラクティブを通じて、完成車の各部位にレイアウトされているセンサーから測定した実車リアルタイムデータを獲得できる。例えばモーター回転数、トルク、電池電圧、電流、車輌横揺れ角度速度等、及び各子コントローラーの予測した関連データ、例えば自動車速度、電池SOC値、各電池端電圧平衡状態等。それらのすべてのデータを通じて、完成車コントローラーは当面の電動自動車運行の一番権威的な判断を獲得できる。又、各子コントローラーの後継続のコントロール作業を指導し或はドライバーに各種の関連情報を提供する。

   完成車コントローラーもドライバーと車が通信する一番主要な工具である。先進的な電動自動車は、ペダルと核心駆動部品の間の機械連結を解除したので、ドライバーの操作(加速、減速)はセンサーを通じて完成車コントローラーに伝達し、完成車コントローラーを通じて当面の車輌の状態を合わせて、ドライバーの実際の操作意図を判断することで、モーター駆動系統或は制動系統に対して操作コントロール命令を出し、子コントローラーからのフィードバックを受ける。

   同時に、完成車コントローラーは、自分が検査測定した完成車異常状態或は各子コントローラーからのミスコードにより、それぞれコントロール策略を制定する。例えば、モーターにオーバーヒーター異常が発生した場合、ミスコードをコントローラーに伝達する。メインコントローラーはミスコードを受けた後、モーターの他の状態のパラメータ及び当面の完成車の他の状態のパラメータにより、相応する指令を出す。例えば、モーター減少の執行命令或はモーターストップ命令を出し、ミスコードをドライバーにフィードバックする。

   完成車コントローラーは、電動自動車の核心部品である。現在、阿尔特は完成車コントローラーの核心技術をマスターしていて、肝心状態パラメータ推測、CAN総ケーブル技術及び論理コントロール等の方面で割合に大きな優位を占める。我々は、お客様からのコントローラーオーダーのニーズにより、お客様のために一番ハイパフォーマンスの完成車コントローラーを設計する。

 

 

ウェブサイトナビ | 地図ダウンロード | 著作権保護 京ICP備 05037845 号